Just another WordPress site

葉酸サプリ 本当に必要

妊活・妊娠・授乳期に必要とされる葉酸。

厚生労働省でも妊娠する可能性のある女性や妊婦には、1日に400㎍の葉酸摂取を勧めています。

でも特にナチュラル志向の場合

「サプリなんかに頼らずに、自然に妊娠・出産を迎えたい」

と思ったり、また、

「うちの母親の時代にはサプリなんかに頼らなかったらしいし、食事をしっかりすれば大丈夫じゃない?」

と考えてしまったりする方も多いよう。果たして、本当にそうでしょうか?

そもそも「妊娠期にきちんとした食事を摂る」ということは、戦後の食糧難が落ち着いた時代の女性なら誰でもやってきたこと…。

なのに、わざわざ厚生労働省が女性たちに葉酸を摂取するよう、注意喚起を促したのには理由があると思いませんか?

葉酸サプリは本当に必要か

葉酸サプリ 本当に必要 見出し画像

それではまず、葉酸サプリは本当に必要なのかということを考えます。葉酸サプリが妊活・妊娠・授乳期の女性に必要な理由は大きく3つ!

必要な理由1:食事だけでは妊活・妊娠に必要な葉酸量摂取はほぼ不可能

葉酸サプリのことを不要と考える方の意見として最も多いのが「食事で妊娠に必要な葉酸量を確保しているから大丈夫」というもの。

ここではっきりとさせておきます。

特に妊活期や妊娠初期段階では、食事だけで必要な葉酸量を補うのはほぼ不可能です。

胎児の重要な器官形成後の妊娠中期~授乳期にかけては、やや葉酸摂取基準が緩やかになりますが、それでも食事だけで充分な葉酸を補うのは至難の業でしょう。

まず、厚生労働省が示している葉酸摂取量の目安をお伝えします。

厚生労働省が示した葉酸量は、妊娠のステージによって異なります。

妊活期~妊娠初期は、最も多くの葉酸量が必要で、1日に食事から240㎍と葉酸サプリから400㎍の摂取が推奨されています。

妊娠中期以降になると食事から480㎍の摂取でも大丈夫ですが、足りない部分は葉酸サプリで補うことが必要になります。

授乳期は340㎍の摂取で大丈夫ですが、こちらも食事だけで足りないようなら葉酸サプリで補うことが推奨されています。

特に、妊活期~妊娠初期にかけての葉酸摂取量は多いですよね。

葉酸は主に野菜に含まれています。厚生労働省が示した食事の実態調査によると、日本人の野菜摂取量は総じて目標に届いていません。

(引用元:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/h25-houkoku.html

特に妊娠初期の合計640㎍という葉酸量には遠く及びません。

それでも、

「野菜サラダ食べてればいいのでは?」
「野菜の煮物好きだし、問題ないのでは?」

と思っている方も多いと思います。

葉酸は水溶性のビタミンです。水溶性ということは、水に溶けだし、熱に弱いという性質を持ちます。

つまり、野菜サラダでも水洗いをよくしてしまうと、その野菜が本来持っている葉酸は溶けだしてしまうことに。

野菜を煮てしまうと、葉酸は熱に弱いため、壊れてしまいます。つまり、野菜を食べたからといって、葉酸を摂取できているのかは「分からない」のです。

必要な理由2:そもそも食材に含まれる葉酸とサプリの葉酸は「型」が違う!

妊活・妊娠・授乳期に必要な葉酸を食事から摂取するのが難しい理由には、もう一つ大きなポイントがあります。

それは、そもそも食事から摂取できる葉酸と、葉酸サプリから摂取できる葉酸とでは、「型」が違うということ。

少し専門的な話になりますが、食事から摂取できる葉酸は「ポリグルタミン酸型」と呼ばれるもので、多くの妊活・妊娠用葉酸サプリに含まれる葉酸は「モノグルタミン酸型」と呼ばれるものになります。

「ポリ」と「モノ」、いったい何が違うのかというと、人間の体内に入ったときの利用効率です。

今現在の研究段階で分かっているのは、「モノグルタミン酸型」の葉酸が体内で胎児の器官形成などに有効に働くということだけ。

天然のポリグルタミン酸型葉酸もおそらく、人間の体内で吸収されて何らかの働きをするはずですが、そこの研究は進んでいません。

つまり、厚生労働省が健康な赤ちゃんを産むために推奨している「葉酸」というのは、多くの葉酸サプリに含有されているモノグルタミン酸型葉酸のこと。

そのため、妊活・妊娠・授乳期には、葉酸サプリが推奨されている、というわけです。

必要な理由3:つわりを甘くみてはダメ!葉酸サプリで葉酸も鉄も補給するのがベスト

最後にもう一つ、葉酸サプリが妊活・妊娠・授乳期に必要な理由を挙げておきます。

それは、「つわり」です。

妊娠してしばらくすると、多くの場合、つわりが始まります。

もちろん、つわりには個人差があり、全く影響ない方もいますが、酷い方だと

「何も食べられず、吐いてばかりいる…」
「胃液だけを吐き続けている」

という場合も。

葉酸の重要性が説かれる以前は、「とりあえず食べられるものを何でも食べて」という指導がされていましたが、今は違います。

つわりで気持ち悪くても、葉酸をしっかり摂らないと胎児の形成に影響が出る可能性があります。

多くの妊娠用葉酸サプリは、つわりで苦しむ妊婦さんの味方。

ニオイをおさえて、飲みやすい形状にしてくれているものも多く、無理なく葉酸を摂取できます。

妊娠中期以降に不足しがちな鉄分もしっかり配合されているものが多いため、葉酸サプリを飲むことで、総合的に栄養をサポートしてくれます。

また、葉酸サプリの必要性については、下記のサイトも参考になります。

>>葉酸のすすめ!おすすめ出来る葉酸サプリをランキングで紹介!:http://uha-kororo.jp/

葉酸サプリを妊活~授乳期まで摂取しない場合はどうなる?

葉酸サプリ 本当に必要 見出し画像

ここまで、「本当に葉酸サプリは妊活・妊娠・授乳期に必要なのか?」ということをみてきましたが、ここでやはりまだ疑問が残る方もいらっしゃると思います。

それは、

「じゃあ、葉酸サプリを飲まないと、どうなるの?」

という疑問です。

葉酸は、胎児の成長に必要な栄養素。

特に妊娠初期は、胎児の重要な神経系の細胞が発達する時期であり、この神経細胞の健全な発達に葉酸は欠かせない成分です。

つまり、葉酸サプリを飲まないと、胎児奇形のリスクがぐっと上がってしまうということ。

とはいえ、実際、日本で葉酸の摂取が推奨され始めたのは、2000年の12月です。

2000年12月までと近年の胎児奇形数の変化を比べると、実はそれほど変化がないということが指摘されています。

ただ、だからといって、「葉酸サプリ、効果なし」と結論付けるのは尚早です。

2000年12月までと近年では、医療技術の発達も違いますし、晩婚化の影響により出産年齢も上昇しています。

また、多くの妊婦さんが、葉酸の必要性を知るのは「妊娠が判明してから」というのも問題であるとされています。

葉酸の効果が充分に発揮されるには、妊活期から摂取し続ける必要があるからです。

そして何より決定的なのが、世界でのデータ。

アメリカでは1998年から葉酸摂取を推奨しており、その他世界86か国で葉酸摂取を推奨しています。

この取り組みにより、世界全体では胎児の先天性異常の割合が30~50%も減少したそう。

海外では日本と違い、食品に葉酸の添加を義務付けているため、これほどの成果が得られているようです。

まとめ:葉酸の食品添加のない日本では、妊活中から葉酸サプリは必須!

今回は、妊活中や妊娠、授乳期にある方にとって、葉酸サプリは本当に必要なのかということについて考えました。

妊娠出産において、葉酸が健全な胎児の育成に必要不可欠な栄養素であることは、全世界が認知の事実。

諸外国では葉酸を食品に添加し、食事を摂ることで葉酸を摂取できる工夫がされています。

でも、日本では葉酸の食品への添加は義務付けられていません。

葉酸の食品添加のない日本で子どもを産むには、やはり妊活中からの葉酸サプリの摂取が必須!

妊娠の可能性のある女性は、後悔のないように今日から葉酸サプリ生活を始めましょう!

Copyright© 今日から始める葉酸サプリ生活 , 2019 All Rights Reserved.